Ortho-B(オーソB):商品画像

Ortho-B(オーソB)

お疲れの方 or スポーツをする方に!! ※総合体力研究所サプリメント
主要成分:
ビタミンB1、B2、B6、B12、ニコチン酸アミド、パントテン酸、葉酸、ビオチン
内 容 量 :
90粒(1粒 430mg)

※外装が異なる場合がございます。予めご了承下さい。

購 入 数 :
販売価格:
2,204円(税込)
※8,000円以上のご購入で送料無料
(北海道・東北地方は除く)

ビタミンB群

 

ビタミンBは、生きるためにのエネルギーをつくるのに欠かせない栄養素であり、どれか一つだけでは、力を発揮しにくくお互い助け合って働きます。

よって、B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンを複合的に摂ることが望ましいとされています。

 

 

 

 

仕事で疲れ気味の時や、体調維持にお勧めです。
内容量 90粒(1粒430mg)

 

 


ビタミンB1(チアミン)

 

1, 糖をエネルギーに変える補酵素

2, アルコールの代謝に関与

3, 脳の働きに関与

4, 神経の働きを正常に保つ etc...

脳の発達や神経機能に密接に関わり、アミノ酸の代謝にも関わっています。疲労や今は余り耳にしない脚気の回復に働きます。

そして、免疫系機能の維持に重要な関わりを持っています。


ビタミンB2(リボフラビン)

 

1, 脂肪をエネルギーに変える補酵素

2, 過酸化脂質の分解に関与
3, 脳と肝臓の働きに関与

4, 皮膚や粘膜の代謝に関与(成長の促進)

成長ホルモンの合成にも深く関わり、不足すると口内外の炎症、皮膚炎、目の充血、また成長障害が起こるリスクが高まります。

​​


ビタミンB6(ピロドキシン)

 

1, アミノ酸代謝や神経伝達物質の生成の補酵素

2, カラダのタンパクの合成や造血に関与

3, 脳の働きに関与

4, 神経伝達物質の生成や抗アレルギー作用に関与

5, 脂質の抗酸化に関与

免疫系機能の維持に重要で、欠乏すると口角炎、皮膚炎などが起こりやすくなります。

長期間大量摂取すると知覚神経障害、ショウ酸腎臓結石などの恐れがあります。
​※腸内細菌によって合成され通常は不足する事はありません。

 


ビタミンB12(コバラミン)

 

1, 神経の正常な働きを維持

2, ヘモグロビン、赤血球の合成の造血作用に関与

3, タンパク質の代謝、核酸の合成に関与

4, 脳の発達に関与

神経や血液細胞の健康を保ち遺伝子物質であるDNAの生成を助ける栄養素。しっかり動物性食品を食べていれば欠乏することはありませんがベジタリアンや胃を切除している場合は悪性貧血になりやすくなります。

 

ナイアシン(ビタミンB3)

 

1, エネルギーの生産、脂質や糖質の分解に関与

2, 皮膚、粘膜の炎症を防ぐ

3, 神経症状を防ぐ
糖代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝における多くの酸化還元酵素の補酵素の構成成分で、ステロイド合成にもかかわっておりブドウ糖を脳のエネルギーに変える際の補酵素になります。

 

パントテン酸(ビタミンB5)

1, タンパク質、脂質、糖質の代謝に関与

2, 神経、副腎皮質の機能を正常に保つ

3, 皮膚や毛根に栄養を与える

動植物食品に広く含まれ、腸内細菌からも合成されるため通常の食生活では不足する事はありません。糖代謝や脂質代謝の反応に関わっています。皮膚や粘膜の維持、神経や副腎皮質の機能維持にも関わっています。不足した場合、成長停止、食欲不振、皮膚炎などが起こります。過剰症は知られていません。

 


葉酸


核酸合成やアミノ酸代謝で重要な役割をしている葉酸は食品中に広く含まれています。腸内細菌からも合成されるため欠乏症はおこりにくいですが、不足した場合は貧血を起こします。過剰症はほとんどないと云われています。


ビオチン

 

1, 皮膚の健康を保つ

2, 筋肉痛の緩和に関与

3, 白髪、薄毛を予防
食品中に広く分布しているビオチンは、腸内細菌からも合成されるため欠乏症は起こりにくいと云われています。糖新生、脂肪酸の合成、アミノ酸代謝などに関わっている。生の卵白を大量に摂取すると、腸管からの吸収が阻害され、皮膚炎や脱毛、体重減少などが起こります。

 

 

 

 

体調に合わせてサプリの選び方 !!

 

幾つかサプリの種類がありますが、基本的に何を摂ればよいか?

 

オーソ21は、カラダに必要な栄養素(食事の3倍以上)が詰まっていますのでオーソ21を基本にし、

そこに+ ビタミンC(粉or粒)を加えるとベストです。

※オーソ21には、ビタミンCが適量入っていますがVCの働きは多岐にわたる為。

 

 

オーソ21+ ビタミンCを基本とし体調にあわせて以下の組み合わせをオススメします。

 

・ヘモグロビン低下     7 ミネラル(食事では、淡白摂取)

・疲労             ビタミンB

・抗酸化          7ミネラル・ビタミンE  

・腸内環境        フラクトオリゴ糖 など。

 

上記以外に、ご不明な点、ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

ご相談内容によっては、プラスしなくても良い場合もありますので先ずはご相談ください。

今、あなたのカラダに必要なものをお伝えさせて頂きます。

 

パーソナルレッスンまたは、私用で直ぐに対応できないこともありますので予めご了承くださいませ。

必ずご返答させて頂きますので宜しくお願いいたします。

 

 

正分子とは

 

生命維持に、必要不可欠で自分では造れない物質を分子レベルで正分子といいます。

(薬、環境ホルモンなどを異分子といいます)

その正分子は50種類あり、それをきちんと摂取することでカラダの健康を維持しようと

考えるのが正分子療法といいます。
正分子の中には、13種類のビタミンが含まれており、これらは普段の食事だけでは必要量を

摂取するのが難しいものもあります。

 

 

 

何故。。ビタミン・ミネラルが必要なのか?

 

車に例えてご説明します。人体を車に例えると

・タンパク質・炭水化物・脂質の三大栄養素   = エンジン・車体・ガソリンの材料
・ビタミン・ミネラル  =  エンジン・車体を造る工具であり、ガソリンをエネルギーに換える道具・オイル

  (潤滑油)に相当します。

ガソリンがあれば車は走ることができますが、エンジン・車体が弱くオイルが不足気味だったり質が悪いと、車の性能を最大限に引き出し円滑にエンジンを回し走ることはできません。

最終的には、エンジンの負担へ繋がり壊れてしまします。

エンジンを人のカラダで表すと『 心臓 』です。

オイルであるビタミン・ミネラルが必要量摂取されていることによって、人は良い健康状態で、生命活動を維持することができます。

生命活動を維持を円滑に健康なから、食事では摂取しにくいビタミン・ミネラルがきちんと供給されていなければ、 人体はその本来持っている自然回復力を最大限引き出すことができません。

 

img_supple02

 

 

ビフォアアフター画像
初回体験画像
モニター画像
イメージコンサルタント画像
サプリメント画像
アクシスフォーマー画像

2021年1月

12
34
56789
1011
1213141516
1718
1920212223
2425
2627282930
31

2021年2月

1
23456
78
910111213
1415
1617181920
2122
2324252627
28

2021年3月

1
23456
78
910111213
1415
1617181920
2122
2324252627
2829
3031

2021年4月

123
45
678910
1112
1314151617
1819
2021222324
2526
27282930

2021年5月

1
23
45678
910
1112131415
1617
1819202122
2324
2526272829
3031

2021年6月

12345
67
89101112
1314
1516171819
2021
2223242526
2728
2930
  • セミナー
  • グループレッスン
  • 栄養勉強会
Copyright © 2021 i.c.s α Allright Reseved.