美姿勢・美脚☆ 『 骨の並びを整える 』

2017/7/24カテゴリ:美姿勢・美脚

「美と健康なカラダをつくる専門サロンI.c.sα」

blogご訪問いただきありがとうございます。

 

 

こんにちは!

「骨格バランスを整えて芯から美しくなる」
骨格美トレーナー、ミラーヒロコです。

 

 

23222218 - female skeleton from behind

 

さて、夏本番!夏真っ盛りになりましたね!
子供が夏休みのご家庭も多いのではないでしょうか?

 

うちは、相変わらず夏休みも早朝から部活をしている長男のお弁当、

+デカおにぎり作りからスタート!!

 

そして長女とラジオ体操に参加など、早朝から慌ただしく過ごしています。

身体の使い方を通してラジオ体操を行うと、
これまでのラジオ体操より数倍も気持ちよくこりゃハマりそうです♡

 

 

さて、美しい姿勢を意識した時、
その姿勢がラクだと感じる人は一体どれくらいいるでしょうか?

背筋をピンと胸を張って、この姿勢をキープしてみて!

と言われても3分ももたないうちに、

 

「はぁ〜キツっ!!も〜ダメ〜」と力が抜けた経験はないですか?

本来、美しい姿勢とは重力に対して、
骨格だけで身体を効率的に支えてくれるので、
あまり筋力をつかわなくても真っすぐ立つ事ができるのでラクなのです。

 

ですが、ラクだなと感じる人は少ないでしょう。

それは一体なぜなんでしょう?

 

 

 

ラクで美しい姿勢になるためには、3つのポイントが必要なのです。

 

 

①骨の並びを整える

 

まず姿勢を良くするためには、正しい骨の並び方が大事になってきます。
猫背だからといって無闇やたらに胸を張る事が良い姿勢とは言えません。

 

そこで、人間の身体をみたらし団子とイメージしてみたらわかりやすい。

 

骨盤、肋骨、頭が、みたらし団子だったなら、
これらを背骨という串に縦一列まっすぐ刺した状態

 

しかし、みたらし団子の上の団子が前に落っこちそうになったり、
真ん中の団子が飛び出したり、
下の団子が横にズレたりするとどうだろう。

すごく配列の乱れたみたらし団子になりますね(笑)

 

人も同じく、頭の位置が前にズレると肩や首に力が入って過緊張を起こしたり、
背中が前屈みになると猫背になったり、
骨盤が前後横にズレると特定の部分に負担がかかり腰痛になったりもします。

 

私達はいつでもどこでも、常に「重力」という目に見えないシャワーを
浴びている状態ですが、それぞれの骨格の位置がズレずに整っていれば、
特定の部分にコリや痛みが起きたりする事もなく、
余計な筋力を使わなくても身体がラクに立てるという事なのです。

 

ただし、背筋を上に伸ばし重力に抗う力が無ければ、
美しい姿勢を保つのは難しいわけです。

 

猫背を治そうと無理やり背筋を伸ばしても、
逆に腰を反り過ぎたりして不自然な姿勢に見え、
ムダに力んでいる状態すら感じる事もあります。

 

そこで重要なのが骨の配列を正しく保つ筋肉インナーマッスルなのです。

 

 

 

続きは次回へ続きます!

 

 

スクリーンショット 2017-01-18 22.11.07

 

 =============================================================

 

 

 

・本気でO脚やXO脚を改善して脚のラインを変えたい方!

・前ももや太ももの張りを解消してオシャレを楽しみたい方

・垂れ尻や横広がりのお尻を解消して丸みのあるヒップになりたい方

・股関節の出っ張りが気になる方

・猫背を解消して、自分に自信をもちたい方

 


是非、自分の可能性を信じて磨いていきませんか?

O脚や骨盤の歪みなど、お身体の悩みを解決するお手伝いをさせて頂きます。

 

 

 

美と健康なカラダをつくる専門サロン
i.c.sα-アイ・シー・エス・プラス-

 

 

 

〒 901-2221沖縄県宜野湾市伊佐2-11-1 202
TEL&FAX  098-897-0177
メール:contact@icsokinawa.com

 

 

〇 当店について  

〇 はじめての方へ  

〇 メニュー  

〇 アクセス  

〇 ビフォーアフター  

〇 サプリメント  

〇 お問合せ

=============================================================

お問い合せはお気軽にどうぞ!

猫背、O脚などのお身体の歪みや健康のことでお悩みはありませんか?
お一人で悩まずにお気軽にご連絡ください。

お名前必 須
メールアドレス必 須
電話番号
本 文必 須
Copyright © 2017 i.c.s α Allright Reseved.