Ortho21☆『動物から学ぶ』

カテゴリ:健康・栄養

『 Ortho21(オーソ21)とビタミンCで健康な毎日を!! 』

いつもお読み頂きありがとうございます。

美と健康をサポートするトレーナーのYOです。
健康なカラダづくりに役立つ情報をお伝えさせて頂きます。

前回
「脳、赤血球、免疫、生殖器」
命に直結する器官は、「ブドウ糖」をエネルギー源にしているとお話しました。


そこで今回は、

🐴 と🦁 にお手伝いして頂き、彼等がどのようにブドウ糖を摂取しているかをお伝えしたいと思います。

何が伝えたいかというと、動物達は誰に教えて貰ったわけでなく本能で、生きる術(知恵)を持っています。

人も本来は、あるはずですが色々と情報があり過ぎてゴチャ×2になっているかと思います😵

動物から学べること


🐴 草食動物は、🌱 を食べる
「ブドウ糖摂取」+胃で🌱を発酵させて菌をつくりタンパク質を作ります。


🦁 肉食動物は、🌱 は食べません…
肉(タンパク質)は摂れるけど、ブドウ糖はどこからとるのか?

🦁 が🐴 を狩りし→ 食べるシーンを📺 で見たことがあるがと思います。
あの動画、🍖を食べるようにしか見えませんが、実は先に内臓から食べます。

先に血を舐めたり飲んだりしています。

そうすることで、血液の中にあるブドウ糖を先に吸収し脳にブドウ糖を送っています。

その後🍖 を食べます。
決して🍖 から食べることはありません。

このことから
ブドウ糖が大切ということ、

食事をする際、「ブドウ糖摂取が先」というかとも教えてくれています。



■ブドウ糖が先?
食事というのは、お腹が空いた時に行います。
お腹が空いたということは、脳のエネルギー(ブドウ糖)が切れたというシグナルです。

空腹=脳エネルギー 無し
脳エネルギー 無しということは、脳以外の器官もエネルギーが不足しています。

食事をすると言うことは、消化器系に働いてもらわなければいけませんが消化器系もエネルギーが不足です。

ここでポイントになるのが、脳がエネルギー不足だと脳以外の器官は、働かないということです。
なので先にブドウ糖を摂り脳に送ると言うことです。

ということは、空腹で直ぐに食事すると消化不良=吸収低下となります。

ことには、すべて準備があると言うことです。

なので
空腹時の食事の際、軽くだけ糖分を摂り食事をすることで、消化吸収がスムーズに行えます。

簡単な糖とは、黒糖や飴、また軽🍻 やジュースなどでもいいですね。
※🍺 好きな人は飲み過ぎてご飯食べなくなるので注意してくださいね

特に、歳を重ねると消化吸収力が落ちますので、

😕 食事吸収能力が落ちてきたな
😖 胃の調子が…(次回タイトル)
などと感じる方は、

意識し実践してみて下さい。

また
運動後も同様で直ぐプロテイン‼️や食事でなく…

軽い糖を摂り、食事🍽をすると効率的に消化吸収してくれます🤗

では、本日は以上です。

次回は、「胃の調子が悪い…」その訳は?
についてお話します。

では、良い夜をお過ごしください♪

ics原野

お問い合せはお気軽にどうぞ!

猫背、O脚などのお身体の歪みや健康のことでお悩みはありませんか?
お一人で悩まずにお気軽にご連絡ください。

お名前必 須
メールアドレス必 須
電話番号
本 文必 須
オンラインレッスン画像
ビフォアアフター画像
初回体験画像
モニター画像
サプリメント画像
アクシスフォーマー画像

2022年9月

123
45
678910
1112
1314151617
1819
2021222324
2526
27282930

2022年10月

1
23
45678
910
1112131415
1617
1819202122
2324
2526272829
3031

2022年11月

12345
67
89101112
1314
1516171819
2021
2223242526
2728
2930

2022年12月

123
45
678910
1112
1314151617
1819
2021222324
2526
2728293031

2023年1月

12
34567
89
1011121314
1516
1718192021
2223
2425262728
2930
31

2023年2月

1234
56
7891011
1213
1415161718
1920
2122232425
2627
28
  • セミナー
  • グループレッスン
  • 栄養勉強会
Copyright © 2022 i.c.s α Allright Reseved.

無料相談・オンラインレッスンのお申し込み

ここをタップしてください
上のQRコードをタップしてLINEでQRコードを読み込み
友達追加してください。

または、